シニアがドコモでスマホにした際に強制加入オプションを解約するのが大変!

シニアがスマホ

ドコモでスマホを買い換えると、dビデオやdヒッツ、dマガジンなど、強制的に加入されるオプションがあります。

これ、自分で解除しないとずっと加入されたままで課金されてしまいます。

筆者はdメニューから自分で解約することができたのですが、両親がスマホに変えた際には一筋縄ではいかず、大変でした・・・。

正直、シニアにはとてもわかりづらく、不親切な内容でした。それでも解約できた一部始終をお伝えします。

スポンサーリンク

スマホ買い替え、強制加入オプション

先日、20年くらいガラケーだった両親がついにスマホに変えました!

家族でLINEを組んだほうが、災害時に連絡を取りやすいとどこかで学んだようで、いつスマホに変えようかとずっと言っていて、だいぶ経ってやっと、です。

いざ買い換える時は私も付き添いでドコモショップへ行き、一緒に説明を受けました。

父はらくらくスマートフォン、母は普通のスマホをチョイス。

契約の説明の中で、「当店加入オプション」という、強制的に加入させられるオプションサービスの一覧を見せられました。

店員さん
初月は無料すので、使ってみて必要なければご自身で解除してください!

とのこと。

私は自身のスマホを買い換えた際に面倒な解約を自分でやったので、「あ~、あの面倒なやつね。」とすぐ理解しました。

店員さん
解除の方法ドコモの携帯で151にお電話いただくか、わからない場合は当店へお越しくださいね!

そう言われたのですかさず「自分で解約はできないんですか?」と聞いてみたら、

店員さん
スマホ初心なので電話か来店がいいかなと思いまして。娘さんが分かるようでしたらご自身で解約されて大丈夫です。

とのことで、「帰ったらすぐ解約しよう」と思いました。

この強制加入オプションについてはこちらから詳しく聞かない限り内容や解約方法など、詳しく教えてもらえません。

きっと両親だけだったらよくわからず無料の期間が過ぎても解約せずに、使いもしないサービスにそのまま課金されていたかもしれません。

一通り手続きが済み、ガラケーからスマホへデータをコピーして、帰る頃には2時間経っていました。

dメニュー、My docomoから解約できない!

やっと家に帰り、早速強制加入オプションを解除しようとしましたが、ネットワーク暗証番号がわからない!!

ドコモの携帯は20年近く使用しているけど父とは母ネットワーク暗証番号を使ったこともなく、登録したかすら覚えていないという・・・。

何度か心当たりの番号を試してみても、結局間違っていてロックがかかってしまい、何もできなくなりました。

151にかけて不当請求を阻止!

ネットワーク暗証番号がロックされてしまった際にも151にかけるようなので、151に母のスマホからかけてみました。

すると、メニューが音声で伝えられるのですが、どのメニューを選べばいいのかわからない

とにかくメニューの説明が長くて、オプションの解約はどれを選べばいいのかさっぱりわからないのです。

ちなみにスマホ初心者の方ですと、通話中に番号ボタンの表示の仕方も分からないのではないかと思うので下記に記しておきます。

通話中に番号ボタンを出す
通話中画面

通話中の画面に四角が並んでいるようなボタンがあるので、これを押します。(機種によって若干違うかも)

番号ボタンが出てくるので、該当する番号を押しましょう。

とりあえず、総合お問い合わせの番号をプッシュして、オペレーターが出るのを待ちました。

オペレーターに繋がったので、「今日スマホを購入したのですが、加入オプションを解約しようとしたらネットワーク暗証番号もロックされてしまって・・・」と話すと、

オペレーター
ご契約様ですか?

と言われました。契約者は父なので「違います」と返すと

オペレーター
ご契約様でないと変更等を承れません。

とのことだったので父に代わり、私も横で一緒に話を聞きました。

これ、何もわからないシニア契約者じゃうまく説明できないし、オペレーターの話も理解するの大変なんじゃないかな?と思いました。

父は

今日スマホにしたんだけど、オプションてやつ?とにかく全部いらないから解約して!

と全解約を要求。しかしここからが大変でした・・・。

オペレーター
機種変更応援プログラムは、初月から300円かかりますので、そちらはご請求させていただくことになります。

と言われ、父激怒。

そんなの説明されてない!全部初月無料で、必要なかったら解約してとしか言われてない!そんなのおかしい!!

確かに、店側から渡された「加入オプション一覧」という書類には、「機種変更応援プログラム(月額300円)」の部分にマーカーがしてありましたが、説明は一切受けていません。

私も購入の際に同席していましたが、初月から300円かかるなんて聞いた覚えがありません。

そんなもの強制加入させられるって聞いていたら、その場で父が抗議していたと思います。

父はオペレーターにブチ切れて、「知らない」「説明されてない」「おかしい」と言い続け、しばらく押し問答が続きました。

結局、「機種変更応援プログラム」は母のスマホだけ加入させられており、父のスマホは加入していなかったということで母のスマホも請求しないということで決着が付きました。

この強制加入オプション、クレームの元になるのは目に見えているのに続いてます。きっと、解約し忘れる人や、手続きが複雑だったり面倒だったりで解約できずにいる人もいると思いますので、それ狙いなんでしょうか。

オペレータさんも慣れた様子でしたのできっとうちと同様のクレームを受け続けているんでしょうね。大変ですね…。

とにかくシニアにはスマホは難しいことだらけなので、もっとわかりやすく説明してほしいものです。

そしてこちらからも、もっとオプションについて突っ込んで聞いておけばよかったと思いました。

ネットワーク暗証番号を教えてもらう

電話ついでにネットワーク暗証番号を教えておいてもらおうと、父がオペレーターへお願いすると、

オペレーター
ネットワーク暗証番号は大事なものですので、私どもも知ることができません。1週間程度で郵送でお送りすることはできますが、いかがいたしましょうか?

とのこと。

・・・またまた面倒です。まぁ、滅多に使わないので、郵送でも大丈夫ですが。

シニアのドコモのスマホ、オプションを解約まとめ

このドコモの強制加入オプション、シニアには不親切です。

あまり詳しく説明してくれないので、こちらから詳しく聞いたほうが身のためです。初月から有料のものがないか確認しましょう。

契約する際にいらないと言っても外せないようですので、一旦家に帰り、忘れないうちに151に電話して総合案内へ繋いで解約してもらうか、再度店へ行き解約してもらいましょう。

使いもしないサービスにお金を払うのはほんと悔しいですからね!