おむつかぶれを薬を使わずワセリンで治した

赤ちゃんにおむつかぶれはつきもの。
我が家の息子もご多分にもれずおむつかぶれになりました。

幸い症状が軽かったのか、わりとすぐにホームケアだけで改善しました。

スポンサーリンク

おむつかぶれの症状

我が子のおむつかぶれの症状は、

  • 赤く腫れる
  • 赤いぶつぶつ

という感じで、ただれてはいないけどぶつぶつがお尻の穴の周りと、脚の付け根の部分にブワッとできていました。

赤ちゃんなので「痛い」とも「痒い」とも言えないし触っても特別反応が無かったので、おそらく痛くも痒くもなかったと思いますが、見た感じはやっぱり良くないので早く治してあげたいと思いました。

ホームケアの方法

マメにおむつを変える

うんちに気付いたら変えるのはもちろんのこと、おしっこも気付いたらマメに変えてあげましょう。

おむつかぶれはムレが大敵なので、出来る限りこまめにおむつを変えてあげましょう!

おしりふきをコットンに

市販のおしりふきを使うのを一旦やめ、コットンにしました。

ドラッグストアでおしりふきコットンを購入し、オムツ変えの際にお湯で濡らしてから使用しました。

我が家はミルク用に常にお湯がポットに入っているので手間ではなかったですが、完母だといちいちお湯を用意しなくちゃならないので面倒かもです。魔法瓶とかに用意しておくといいかも?

コットンをお湯で濡らす際にはタッパーが便利です。

これ、冬にもお湯でやったらお尻が冷たくなくていいかなと思いました。夜中に冷たいお尻拭きでビックリさせて目を覚まさせちゃかわいそうですからね。手間ですけど。

こすらない

コットンで拭く際にはこすらずにやさしく叩くような感じで拭きました。

うんちがこびりついてても、お湯で拭くのでそんなにこすらなくても割とスルッと落ちます。

こするとおむつかぶれが悪化しちゃいますからね。刺激はできるだけ少なく。

乾かす

お尻を拭いたら乾かします。

うちわがあればベストですが、なければ何でもいいです。その辺のチラシとか、本とか。

ベビーワセリンをぬる

やさしく汚れを拭き取ったら、仕上げにへベビーワセリンを塗ります。

ワセリンはドラッグストアで購入できます。

ぶつぶつができている部分に毎回ちょっとたっぷりめに塗りました。

ワセリンは直接的にかぶれを治すわけではなく、保湿と更なるかぶれの予防のような使い方です。

予防というのは、ワセリンを塗ることによってうんちやおしっこが肌に直接触れるのを少なくしたり、拭いたときに落ちやすくして悪化を防ぐということです。

数日で改善

コットン&ワセリンを試して数日でぶつぶつは無くなり、赤みも少なくなりました。

薬を使わなくても治ったので本当によかったです。

もし、コットンとワセリンで治らなかったら

  • いいオムツに変えてみる
  • おしりシャワー(容器にお湯を入れるやつ)をする
  • お風呂でシャワーで流す
  • どうしてもダメなら皮膚科

といったことも試してみてください。

薬はなるべく皮膚科で処方してもらったものを使いましょう。

おむつかぶれの原因

うちの子の場合はどうやらおしり拭きを変えたことにあったようです。

厚めのおしり拭きを薄いおしり拭きに変えたところ、こびりついたうんちを拭き取るために強くこすりすぎたようです。

コットンで治ってからはまた厚めのおしり拭きに戻しました。以降、おむつかぶれはできていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする